« ジャムセッション | トップページ | 久々の「まさ王」 »

2010年12月17日 (金)

茨城県議選「大惨敗」に見る民主党の組織崩壊

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「民主党政権にとって勝負所だが、大惨敗すると思う」(読売新聞128日付)という小沢一郎の予言が的中した。1212日に投開票された茨城県議会議員一般選挙(茨城県議選)。過去最多の24人(公認23、推薦1)を擁立した菅民主党に、茨城県民は「NO!」を突きつけた。 幹事長の岡田克也は公示後2度も現地入りしてテコ入れをしたが、有権者は踊らず、4分の3の候補者が討ち死に、民主党は現有議席61議席の上積みもできない惨敗を喫したのである。

「そうなれば地方が火を噴く」(小沢一郎、同新聞)のは確実。民主党は党中央から地方組織まで、一触即発の危機に追い込まれているのだ。1年半前、自民王国・茨城の全選挙区と比例区(2)と合わせて9人の衆議院議員を生み出し、政権交代を実現した民主党の勢いはどこにいってしまったのだろう。民主党が3人の衆院議員を抱えながら、県会の1議席も獲得できなかった取手市選挙区に焦点を当てて、「民主党メルトダウン(炉心溶融)」の原因を検証してみる《続きを読む》

|

« ジャムセッション | トップページ | 久々の「まさ王」 »

ニュース解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャムセッション | トップページ | 久々の「まさ王」 »