« 砂川啓子と弦楽の仲間たち | トップページ | 『日刊ゲンダイ』の川鍋さん「お別れ会」 »

2015年9月11日 (金)

鬼怒川堤防決壊は天災か人災か……

Img_3728
(小貝川=手前と、利根川の合流地点。海まで79㎞)
Img_3739
(1981年の小貝川決壊はこの高須橋の向こう岸。利根川合流地点から3.5㎞上流だ)

「大雨特別警報」も解除され利根川・小貝川氾濫の危機は避けられたが、鬼怒川堤防決壊は他人事ではない。鬼怒川の決壊地点は利根川と合流する手前。合流点の上流は本流の影響をうけて決壊しやすい。100年に一度の大雨が原因の「天災」か、ネットで一部話題に菜ているようにソーラーパネル業者が決壊地点の丘陵を削った「人災」か、いずれ判明するだろうが、この種の災害が起きるたびに私は「天災でも人災でもない、政災だ」と感じる。
 民放テレビで「決壊地点は国土交通省が決壊危険個所とシミレーションしていた近く」と言っていたが、それが本当ならば、堤防強化は予算・政策実行の最優先課題ではないのか。市議・市長・国政選挙のたびに、何とかの一つ覚えのように「安心安全な町つくり」という合言葉が氾濫する。本気でそう思うならば議員歳費・人件費・防衛費・補助金をバッサリ削って治山治水の努力をすべきではないか。選挙のときだけの口先三寸だから、あらゆる場面で「政災」が起きる。
 取手市の「洪水ハザードマップ」を見ると、わが家は、利根川が切れても小貝川が切れても2階の軒下・5m近くまで浸水するという。そうならないために、あらゆる手を打つのが「政治」及び「政治家」の役割だろう。(写真はいずれも10日午後5時前後)
※とても勉強になるサイト『小貝川下流域の地形条件と洪水

|

« 砂川啓子と弦楽の仲間たち | トップページ | 『日刊ゲンダイ』の川鍋さん「お別れ会」 »

ニュース解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 砂川啓子と弦楽の仲間たち | トップページ | 『日刊ゲンダイ』の川鍋さん「お別れ会」 »