« 2016年6月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年7月

2016年7月20日 (水)

夏野菜のてんこ盛り!

160720_162112

『猫の手農園』は夏野菜収穫の真っ最中です。写真は本日の収穫。
キュウリは毎日10本前後採れます。5月末からの累計で211本。苗は4本です。
ちなみにミニトマト以外のトマト、ナス、ピーマンはそれぞれ50個、ズッキーニ20本、アスパラガス40本……すごいでしょ。半分以上は近所に配っています。

今日は、ラグビー・スイカが4つできたのでひとつ採ってみました。
手前のナス色の巨大物体はイタリアナスの「バイオレッタ・ディ・フィレンツェ」。畑仲間の初収穫に出くわし、半分もらいました。
野菜欠乏症の方、わが家に来るなら今が絶好機です!

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

鳥越さんの立候補で思うこと

Torigoe

 鳥越俊太郎さんが「石原慎太郎→猪瀬直樹→舛添要一」と三代続いた「悪代官」の後釜に立候補することを決めた。2005年に大腸がんを患ってから肺・肝臓などへの転移で4回の手術を体験、昨今は「ニュースの職人」というより「がん保険・アフラックの宣伝マン」のキャラがウリとなっていた鳥越さんがナゼ? 任期途中で体調を崩したら、それこそ選挙費用50億円が吹っ飛ぶし、任期満了できない知事が4人続いてしまう……

 もう時効だから書いてもいいだろう。鳥越さんが『サンデー毎日』編集部にいた時に、知人が『毎日新聞政治部』から『サンデー毎日』に左遷された。ある政治家のパーティーで会うと「なにかネタない?」と言う。たまたま1カ月ほど調べていたがウラが取れずに書けないネタがあった。そっと教えたら2週間後に『サンデー毎日』がスクープした。「浜田幸一は前科一氾」の記事である。殺人、婦女暴行で懲役1年。浦和刑務所(当時)で服役した。このネタのウラを取り記事を書いたのが鳥越さんだった。よく週は飛行機に同乗して「ハマコー・ラスベガス・とばくツアー」をリポートした。

 数年後、『毎日』を辞めて『テレビ朝日』のキャスターに転身した鳥越さんは小宮悦子と絶妙な司会進行をしていたが、ある時、週刊誌に「疑惑」を書かれた。ご本人が「誤解を解きたい」と一席を設けたので出向いた。「でも、悦ちゃんの足ってきれいですよね」と振ったら、うれしそうに相槌を打った鳥後さん。正直で、ウソのつけない人だと思った。

 日本でインターネット新聞への関心が高まった2006年8月、韓国発の『オーマイニュース』が創刊され鳥越さんが初代編集長となった。ボクも当時、別のネット新聞に関わっていたが、活字人間の鳥越さんがネット新聞で何をやろうとしているのか皆目分からなかった。分かったことは、編集長の年棒が3000万円ときたことぐらい。石原伸晃じゃないが「最後は金目でしょ」といういう言葉がよぎった。以来、付き合いはない。

 都知事選立候補という選択、べつにどうでもいいけど、NHKの「ファミリーヒストリー」で紹介された家系図がニセモノだったと『週刊新潮』に書かれたり、何事にも「脇が甘い」のが気がかりだ。晩節を汚さないことを祈るばかりだ。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年11月 »