« 浦高ラグビー部 花園への道 | トップページ | 80年代日米外交の生き証人・コーネリアス飯田氏が死去 »

2019年11月17日 (日)

高校ラグビー埼玉県大会 浦高 3度目の花園へ!

<高校ラグビー>浦和、6年ぶり3度目V 県内3冠を達成 第2シード・川越東に29―17 (11/17(日) 9:29 配信『埼玉新聞』)

 

ラグビーの第99回全国高校埼玉大会(埼玉新聞社など後援)最終日は16日、熊谷ラグビー場で決勝を行い、第1シード浦和が初優勝を狙った第2シード川越東を29―17で下して6年ぶり3度目の優勝を飾り、県新人大会、関東高校大会県予選と合わせて3冠を達成した。浦和は埼玉代表として、全国高校大会(12月27日~来年1月7日・花園ラグビー場)に出場する。

 

7―7の同6分に敵陣22メートルライン付近のマイボールラインアウトからモールで押し込んでナンバー8松永が決めた勝ち越しトライを皮切りに、同12分にFB高田、同16分にフッカー山際、同20分にSH宮崎がそれぞれトライ。29―7とリードを広げた後は、持ち前の堅守で川越東の猛反撃を2トライに抑えた。

 

就任2年目の三宅邦隆監督は「1年間の成果を出してくれた。選手たちがよく頑張ってくれた」と目に涙を浮かべた。攻守に奮闘した主将の松永は「埼玉県の代表として恥じないラグビーをしていきたい」と花園への抱負を語った。

 

YouTubeの「得点シーン動画」はこちらから。

 


『東京スポーツ』も得点経過を報道。

1117-2

 

埼玉県予選の組み合わせ表と試合結果は「高体連ラグビー専門部公式サイト」

 

 

|

« 浦高ラグビー部 花園への道 | トップページ | 80年代日米外交の生き証人・コーネリアス飯田氏が死去 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浦高ラグビー部 花園への道 | トップページ | 80年代日米外交の生き証人・コーネリアス飯田氏が死去 »