禁煙日記

2007年12月23日 (日)

表彰状がきました!

Photo

「◎◎オカリナ連盟」という正体不明の団体の理事長さん名で、上のような表彰状がメールされてきました。◎◎には実在の市の名称が入っていますが、なにせ実在する団体かどうか確認がとれないので◎◎としました。

原文はワードソフトで作られていましたが、表彰状の専用紙にプリントするためのテンプレートソフトを使われたようです。したがって添付されてきた原文には、このような周辺の飾りがありません。せっかくの表彰状なので加工して掲載しました。「理事長」からは『ブログに載せていただいて構いません。卒煙証書とか、表彰状とか貰うと、再入園・・・いえいえ再入煙は出来にくくなりますね』とのメールが届きました。

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

卒煙証書

Photo

ついに『卒煙証書』を手に入れました。苦節82日間、ニコチンパッチを貼り替え続ける禁煙外来の治療に耐え抜きました。呼気中のCO(一酸化炭素)濃度はなんと1ppmに低下。昨日の夕方、○×○クリニックの院長から「おめでとうございます。卒煙です!」とのお墨付きを頂いたのです。

「『卒煙証書』を作っておこうと思ったのですが、インフルエンザの患者さんが多くて用意できませんでした」とすまなそうにおっしゃる院長。すかさず「自分で作ってブログに貼ってもいいですか?」と聞いたら、「どうぞ、どうぞ」とノリがいい。というわけで本邦初公開の「卒煙証書」をご覧下さい(くどいようですが、禁煙外来の治療が終わっても、こうした証書はもらえません。勘違いをしないようにお願いします) 

| | コメント (1)

2007年11月25日 (日)

仮 卒煙

ついに8週間の「禁煙外来カリキュラム」を終了しました。担当医は「きょうで“仮卒煙”です。4週間後にもう一度来て下さい。その時点で問題がなければ正式な“卒煙”となります」と……「卒煙証書」でもくれるのかなー。額に入れて貼っておくかな。

Dscf0181

というわけで前日に引き続きわが「書斎」を。入り口から入った正面の壁が本棚で、右の壁に「敗戦後、祖母が長崎から背中にくくりつけて持ってきた」という、明治時代の掛け時計を飾ったので、反対側・左の壁には学生時代に愛したテナーサックスを飾りました。楽器としての寿命が切れたわけではありませんが、吹き手の息が続かないために楽器の役割を果たせません。ならば吊るす、という結論。

| | コメント (2)

2007年11月15日 (木)

禁煙7週目

早いもので禁煙を始めて7週目となりました。ニコチンパッチも最小のものとなり、まるでバンドエイドを貼っているような気分です。それでも、1日に4~5回、「吸いたい!」と思いますね。

手元にタバコとライターがあったら、手を伸ばしてしまいそうです。そんなときには深呼吸をしますが「そこまでガマンしなくてもいいんじゃないの」と悪魔のささやきが、聞こえるときもあるのです。卒煙しましたと宣言しても、何か物足りなくなって揺れ動くニコチン習慣病患者の感想でした。

| | コメント (0)

2007年11月 2日 (金)

卒煙

禁煙を始めて5週間目に突入しています。低血圧で目覚めが悪いタイプなので、朝が辛いですね。喫煙中は起きたての一服、立て続けの2本で“仕事モード”になったのですが、今はそうはいかない。朝の体操、新聞斜め読みも、どこかシャキとしない。

それに、何度も言うけど、一仕事の区切りがつかない。昨日までT町で木製のフェンス作りと設置をしていたのだが、材料を切ってからビス止めに移るときの“間”がうまくいかない。以前なら一服しながら次の手順をシュミレートして、「さて、やるか!」と立ち上がったのだが、それがない。だから、一日中メリハリなく作業が続く。お茶を一杯飲んでいるときに施主から別件の相談をされたりするともうダメ。つい「後にしてくれません」と尖がってしまう。

ある医師に言わせると、急にタバコを止めると人間の鋭さが減退するそうだ。ニコチンの中にの何とかという成分が不足するため、判断の鋭さとか、集中力の強さが失われ「私の友人はボヤーとしちゃってね、元に戻るまでに3年かかったよ」だってさ。「もちろん禁煙することを勧めますが…」と付け足した。何とも妙な会話だった。

禁煙というから肩に力が入るので、私の場合は「卒煙」と呼ぶことにした。あれだけ吸ヤー、もういいだろう、一生分吸ったからもう卒業しよう、というココロです。

| | コメント (0)

2007年10月24日 (水)

禁煙外来

P506ic0037421076

3度目の「禁煙外来」診察を受けてきた。予約時間より少し早く着いたら、主治医はハロウィンの準備かヒマだったのか雑草抜きをしていた(笑)。最近どうも眠くなる。「禁煙ガイド」のパンフを見ていたら「ニコチン不足の副作用」、つまり禁煙時の体調変化のひとつだったことが分かった。

ニコチンパッチ「ニコチネル」も、ニコチン含有量52.5mgのTTS30(直径62mm、薬物放出有効面積30c㎡)の第1段階をクリヤー。第2段階「ニコチン含有量35mg」のTTS20(同51mm、20c㎡)と、第3段階「ニコチン含有量17.5mg」(同36mm、10c㎡)のTTS10をそれぞれ2週間分(14枚)処方された(写真参照)

第4段階は何も貼らずに禁煙……帰りにGSに寄って給油。GSのオヤジが咳をしながらチェーンスモークしているので、「ニコチンパッチ」を見せてあげた。おそらく明日には「禁煙外来」の扉をたたくだろう。

| | コメント (3)

2007年10月22日 (月)

ついに禁煙4週目

「ニコチネル」に頼る禁煙はついに4週目に突入。書斎常備のスタンド灰皿の表面に錆が出始めてた。フムフム、なかなか意志が強いわい、自分をほめてやろうと、昨夜は久しぶりに和牛ステーキ肉を焼いて、スパニッシュポテトを作り、ワインをしたたか飲んだ。実はこれ、銀座のステーキ屋のオヤジ直伝、私の超得意メニューなのだ(^O^)

ところがこの3週間、他人様の小説原稿の手入れをしていて運動不足になっていたせいか、古傷の右膝の調子が悪い。これでは明日から予定しているレンガ積ができないので、30年来の付き合いの鍼灸医に診てもらった。腹に貼ったニコチンパッチに関心を持った「大先生」に事の次第を説明すると、「耳に針を打てば3日でニコチンは消えるよ」だってさ。「禁煙鍼」という奴だ。ニコチンパッチで成功しなかったらやってみよう。ちなみに西洋医学の禁煙外来は8週間かかり、健保3割負担で約1万2千円。禁煙鍼は健康保険適用外で1回4000円……ウーン。

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

禁煙10日目

夢の中で,、マイルドセブンライトを1本吸った。周りの視線を感じた瞬間、葉巻きにすりかえていた。結構セコイ夢をみるものだなあ……

| | コメント (0)

2007年10月 7日 (日)

禁煙8日目

禁煙補助薬・ニコチネルTTS30(製造販売:ノバルティス ファーマ株式会社)は、こうして胸や腹、背中や腕に貼ります。どこに貼るとニコチンの吸収率がいいか、いろいろ実験していますが分かりません。頭に貼るといいかもしれない……

| | コメント (1)

2007年10月 5日 (金)

禁煙6日目

タバコを吸わない生活にかなり慣れてきましたね。それでも気を紛らわすために何かをしていないと落ち着きません。昨日は朝6時に起きて散歩に出ましたが、つい、畑(わが家庭菜園)に寄ったため2時間ほど雑草取りに集中しました。今日はイランのタイルを額縁仕立てにするための工作。ま、こんなことをしていると禁煙していることを忘れるのだけど、ちょっと、仕事が一段落したときに「欲しく」なりますね~。特に原稿を書き上げたとき、メールで送信したときが「欲しく」なる。これがホントの「イライラ戦争」なんて呟きながら工作に熱中しています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧